友人からの信頼も厚い神澤光朗

神澤光朗は知人・友人からの評判も高く、信頼をおける人として多くの人から慕われています。九州男児らしく頑固な部分や譲れない部分もありますが、社交的な部分が大きいので頑固な部分はあまり気になりません。彼が言うには佐賀県に住んでいるころはもっと頑固で保守的な性格だったようです。しかし大学生になり一人暮らしをするときに、もっと社交的になろう、今までの自分よりももっと魅力ある人物になろう、自分の意見ばかり通して頑固さを貫くことは止めようと決意したらしいのです。大学入学したての頃は積極的な自分を演出していたようで、家を出たら人に積極的に話しかけることを行っていました。そのため家に帰るとかなり疲れ果てていたそうです。しかし今ではそれが身についているので、自分を演じているわけではないそうです。

大学デビューという言葉がありますが、突然雰囲気が変わってしまって「あいつは大学デビューだから」と言われることがあります。しかし、神澤光朗の場合には、嫌味な大学デビューではありません。性格を積極的にしようとすることは大変な事だったと思います。保守的だった人物が積極的にふるまうことに対して躊躇してしまう部分もあったでしょう。それを嫌味なくできた神澤光朗には感心させられます。

神澤光朗と同じ高校の出身者がいますが、彼曰く佐賀県時代の神澤光朗は保守的な一面もあったが、本人が思うほど消極的ではなかったと言います。もちろん大学時代の方が社交性を磨いているようですが、佐賀県時代も魅力的な人物だったので周囲には自然と人が集まっていたようです。多くを語る性格ではなかったがなんとなく人が集まってくる人物だったようです。これは大学でも同じことが言えます。神澤光朗が大学に来ると、何となく周りに人が集まってきます。派手さがあるわけではないのですが、彼と一緒にいることで癒されることもあります。彼がいると話をしたいという気持ちになるので、自然と彼の方へ足が向いてしまうこともあります。

人が自然に集まってくるのは大学入学時には男性が多かったのですが、自然に女性にもその魅力が分かってきたのか、徐々に女性も集まるようになってきました。彼は女性だから、男性だからと分け隔てなく付き合います。もちろん先輩や後輩も彼を見ると必ず遠くからでも近寄ってきて話しかけていきます。多くの人に慕われているのが神澤光朗です。その性格を活かして、これからの活躍が非常に楽しみな人物だといえます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 登録されている記事はございません。
ページ上部へ戻る